2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
基本的に年中無休(不定休)

CMYK原稿とRGB原稿の印刷の差


左側がCMYK原稿、右側がRGB原稿となります。
あくまでも出力方法による発色の差であり、色再現を保証するものではありません。
また比較画像はアクリル板、カラー版、白版の順番で印刷し、印刷面に対して裏側から撮影したものになります。


作家名 ありすん 様
Twitter:illustarisu
サイト:https://arisun.jimdo.com/ 
髪の毛のピンク、瞳の青、黄色い星の部分も右側RGBのほうがより綺麗に発色しております。
また、右上部分の緑もほんの少し退色が抑えられています。

大きさは高さ60mm




作家名 Hek@SHUDDUP!! 様
 

2パターンご提供いただきました。
写真では少し分かりにくいのですが、上の画像の赤の鮮やかさが断然違います。

また緑の部分もRGB原稿のほうが比較的鮮やかな色で発色します。
下画像、紫の彩度がRGB原稿のほうが優れております。
大きさは高さ70mm



作家名 りあ様
twitterID @id7tr79

背景のチェック柄、髪の毛、肌色、右側RGBのほうが鮮やかに発色しております。
比較しますと、左側はくすんで見えます。
高さ45mm



作家名 まあや様
TwitterID:@m_49s 
pixiv:12156545
髪の花、瞳、上部の海の鮮やかさ、右下ヒレの部分のピンク、胸のレース部分、髪の色、膝付近のグラデーション断然右側RGBのが綺麗に出ております。
なお、このデザインは高さ実寸40mmとアクキー小サイズですが、高精細印刷のため拡大しても非常に綺麗なのがお分かりいただけるかと存じます。





作家名 kiki様
3デザインご提供いただきました。
かなり違いが分かりやすいかと思います。
右側RGBのほうがワントーン鮮やかに発色しております。
比べてしまうと、もう左側CMYKには戻れませんね。





作家名 Kiki☆May様

twtterID @CarmineLollypop

2デザインご提供いただきました。
非常にハッキリと差がでております。
特に下画像の髪のピンクの差はすごいです。

グラデーション、肌の発色が目立ちますね。
上画像も、瞳部分の発色が変わります。




作家名 川瀬和輝様
 


髪の色の鮮やかさ、肌の瑞々しさが右側RGBのほうが綺麗に発色しております。
毛先のビビットな部分にも注目してみてください。





2017/07現在流通している中で唯一の6色+ホワイト機が当店のUVプリンタで御座います。(2016/08発売機種)
CMYKで強制的に減算されていた色が、ほんの少しかもしれませんがRGB出力で活きます。

上記画像はあくまでも参考程度ではありますが、全て実際にアクリルに出力して写真撮影したものになります。

現状の6色では、RGBにおいて、まだまだ色域外の部分が多い状態です。
将来的にはどんどんとインク数が増え、もっと黄緑や蛍光色を発色できるように技術が発展することと思います。